強さ。集団面接
・・・・・・・・・・集団面接・総括・・・・・・・・・・・・

1・様々な経験をもつ集団からどうやって一歩抜け出す?
2・言いたいことと、言うべきこと(相手の聞きたいこと)をしっかり言おう。
3・担当の先生の信頼感、安心感、はどこからでてくるのだ?

の3点を考えながら面接する側される側の練習をしてた。
で、面接していると大事と思ったのが、強さ。
かなり決め手になるほど重要かも。
夢と希望にあふれている方々がいてとてもよい。
困難を乗り越えた経験があることも貴重です。
でもなんだ、そんな経験があることと強さがあることは、
必ずしも一致していないと感じたね。
弱さを知っているという「強さ」を感じた人もいたし。

・・・・・・・・・卒論についての質問・・・・・・・・・・・

卒論はどんなことを書きましたか?という質問の意図、
何をアピールすべきか、いまいちピンとこなくて困った。
教育の話につなげようかと思ったが我慢して
「まったく知らないジャンルの話を噛み砕いて話せる」ことを
アピールしようとした。
が「美のイデア」とか専門用語を使ってしまいその説明を後付けした。
「美の理想像」って感じなのに「美の完成形」とかイマイチ
厳密さに欠けること言ってしまい動揺した。
先生いわく「どんなことを勉強してきたか、受験者のことを知りたかった」

・・・・・・・・積極性という項目・・・・・・・・・・・

「表現力」「積極性」「堅実性」という3点をチェック。
今回は「堅実性」に信頼感、責任感、誠実さ、協調性なども含める。
「積極性」という評価基準がどこで見るのかしっくりこなかった。
一番に発言したらいいのか?話の内容からは?
面接する側でピンとこなかったしPRしずらい。今後の課題だ。

・・・・・・・・・欠点・硬さ・・・・・・・・・・・・・

面接のときはキバッて構えてしまってとても硬い。
普段の自分とぜんぜん違うらしい。
もっとリラックスして普段の柔らかさを出せ。
と指摘されたことがあるがやっぱ硬かった。

・・・・・・・他人のこと・自分のこと・その他・・・・・・・・・

キラリと光るヒトとが5人ぐらいいた。
熱意が強いひと
本気のひと
愛情があふれてるひと
メッセージが一貫しているひと
詳しい、よく勉強しているひと
判断基準をもっているひと
芯が強いひと

子供の方を向いているな、って感じられたひと→イイ♪
学校じゃないとあかんのか?塾でもいいんか?他の仕事ではどうか?
って質問されてもハッキリ答えられそうなヒトもよかった。

また、みなさんの順応性の高さびっくしりた。
1回目より2回目さらに3回目の人の方がうまくなっており、
前回のひとのイイトコをどんどん吸収して取り入れていっていた。

自分も含めて反省すべきなのは
話が長くて焦点がぼけること
質問の意図、目的と違うことを答えちゃってること
いいこと言ってるけどそれが教育の何になるの?
などメッセージが伝わらないこと。
先生はたとえがうまく、話がわかりやすかった。
的確にして明確、前向きでポジティブで優しい。

・・・・・・・・・・・卒論のこと・・・・・・・・・・・・・

卒論は「インターネットの発達で美はどうかわるか」です。
それまでは美のイデア、
美の完成品のようなものがあって     ←専門用語をフォロー
それの一部を見ていたのだが、
私の卒論では   ←「イデア」を完全に否定してないよ。詳しい人向け
美はもっと個人的なものであり人それぞれの中にあるものだと。
インターネットが発達することでそれまでは美と扱われなかったものでも
それを美とする人と出会うことになる       
価値観が相対化する、価値観は多様にあるべき
などと言おうかと思ったけど我慢すた。
[PR]
by tofya | 2006-01-15 22:54 | ★つぶやき☆つぼ焼き
<< 面接2・伝わったことは? 志望動機1015 >>